【対策】適性検査

<2021年>【サイエンスフロンティア】受検体験記

こんにちは!公立中高一貫校合格アドバイザーのケイティです。

ケイティ
ケイティ
今回は、横浜サイエンスフロンティア高等学校附属中を受けた方の【受検体験記】をご紹介します♬
<受検体験記>とは…

実際に受検したご家庭の取り組みを、「受検体験記」という形でご紹介いたします。

この体験記は、「親子がどのように受検に向かっていったか」という事実のリポートです。

「塾ナシで受かりました!」とか「銀本は当然3周しました!」みたいな、読んでいて気持ちがざわざわするような合格体験記は、私は意味がないと思っています。

そのため、合否に関係なく、ケイティサロンで関わったママさん・パパさん方(現在はアドバイザーとしてサロンに残ってくださっている方々)から、親子の頑張りの軌跡を残す目的で、情報をお預かりし今回記事として紹介させて頂くことになりました。

どんな結果であれ、子ども達はみんな同じように一生懸命頑張り、保護者の方は関わりやフォローに日々悩み、ときにぶつかり、親子で乗り越え、本番当日を迎えました。

この受検体験記は、次年度以降受ける方にとって、何かしらのヒントが必ずあると思っています。

ではどうぞ!

<保護者>が学ぶ適性検査サロンはコチラ【入会無料キャンペーン中!】

Contents

お子さんの性格はどんなタイプですか?人柄や個性が分かるようなエピソードがあればあわせて教えてください。

コツコツやり直前期でも1日の生活リズムはあまり変わらなかったです。

納得しないとこちらが言っても行動しませんでした。

ケイティ
ケイティ
毎日しっかり朝勉を継続し、きちんと自分のやるべきことを黙々とこなせる子でした。

塾に通っていましたか?

10月まで公文を継続しました。

受検用の通塾はしてませんが、模試とその日に開講された特化ゼミには参加しました。

日々の学習は、どのように声掛けしていましたか?

休憩が長い時は「時間大丈夫?自分で確認してね」

受検生ご本人が本気モードに入ったのはいつ頃でしたか?キッカケはありますか?

あまり表面に出さないので本気モードだなと感じた事はなかったです。

今から思えば少し勉強時間が増えたなと思った12月くらいかもしれません。

勉強時間はどのくらいでしたか?(平日、休日、習い事のある平日などそれぞれ)

平日2〜3時間、休日5〜7時間

睡眠時間はどのくらいでしたか?

7時間半〜8時間

保護者が受検勉強に対してどの程度関わっていましたか?具体的に、どんなサポートをしていましたか?

スケジュール管理、生活リズムを崩さないよう体調管理。

わからないと言った問題を解く。←後半はあまりやってません。

「もっとこうしたほうが良かった!」「早くこうすれば良かった!」と思ったことはありますか?

適性2の対策として問題の読み方を一緒にやっていけばよかった。

受検組ではないお友達とはどのようなお付き合いをしていましたか?

友達付き合いがなかったので、学校のみの付き合いでした。

勉強しなくなった時期やスランプはありましたか?その場合はどのように対応しましたか?

過去問始めた頃はできなくて、ヤダと言い出してましたが、ここを乗り切るのが大事だよと声かけていました。

過去問(志望校とそれ以外)はどの程度取り組みましたか?

抜粋した学校のもので2冊程度。2回目はやっていません。志望校は2〜3回やりました。

テレビやゲームなどの制約はありましたか?

あまりやらない程度でした。

模試はどのくらい受けましたか?また、結果はどうでしたか?

6年の時10数件、CがメインたまにB判定

苦手科目はどのように克服しましたか?

苦手意識があるものはなかったと思います。

理科や社会はどのように勉強しましたか?

社会はあまり受検勉強に影響がなかったので学校のみ。

理科はスタサプの基礎、メモチェ、記述の問題集をやりました。

学校の先生とはどのように連携を取っていましたか?

コロナで個人面談でしか話す機会がなくいつもと変わらずに接しました。

本人が先生方から信頼してもらっている感じだったので心配することもなかったです。

私立併願はしましたか?

しました。

次年度受検する方に向けて、最後に何かメッセージがあれば、お願いします♬

受検を通して本人も親もプラスになり、目標を持って生活できました。

受検してよかったと思っています。合格はできませんでしたが、子どもの人生の通過点にしか過ぎないので特に悲観することなく、新たな目標目指して今取り組んでいます。

チャレンジする子の気持ちを第一に今できることをやってほしいと思います。