【対策】適性検査

<2022年>【市立川崎附属中】受検体験記

こんにちは!公立中高一貫校合格アドバイザーのケイティです。

ケイティ
ケイティ
今回は、川崎市立川崎高校附属中を受けた方の【受検体験記】をご紹介します♬
<受検体験記>とは…

実際に受検したご家庭の取り組みを、「受検体験記」という形でご紹介いたします。

この体験記は、「親子がどのように受検に向かっていったか」という事実のリポートです。

ケイティサロンで関わったママさん・パパさん方から、親子の頑張りの軌跡を残す目的で、情報をお預かりし今回記事として紹介させて頂くことになりました。

どんな結果であれ、子ども達はみんな同じように一生懸命頑張り、保護者の方は関わりやフォローに日々悩み、ときにぶつかり、親子で乗り越え、本番当日を迎えました。

この受検体験記は、次年度以降受ける方にとって、何かしらのヒントが必ずあると思っています。

ケイティ
ケイティ
手探りで対策を始めたと最初はおっしゃっていたのですが、とっても前向きに模試や銀本を春休みからスタートさせていて、また、保護者の方自身が「傾向を押さえないと!」と積極的に行動なさっていたのが印象的でした。
<保護者>が学ぶ適性検査サロンはコチラ【入会無料キャンペーン中!】

Contents

お子さんの性格はどんなタイプですか?人柄や個性が分かるようなエピソードがあればあわせて教えてください。

なかなか勉強では、友人関係で見せるような積極性が出せず、塾の授業で挙手や質問できるようになるまで、時間が掛かりました。
が、面接、グループワークでは俄然やる気を出します。笑

ケイティ
ケイティ
川崎は、確かにこういう子が多いです(笑)おとなしい子かな?と思っていたら、とってもしっかりしていて、そしてハキハキと話すことができ、良い意味で第一印象をくつがえすタイプの子がこれまでも多かったです。

塾に通っていましたか?

週2回大手塾に通い、GW明けから理系の補習で個別指導を週1で別の塾で受講

日々の学習は、どのように声掛けしていましたか?

前半は自主性に任せていましたが、模試が伸び悩み夏以降は、子供には「褒められた事が無い」と言われたほど、口うるさかったと思います。

受検生ご本人が本気モードに入ったのはいつ頃でしたか?キッカケはありますか?

恥ずかしながら年明けです。年明けから自主休校し、それと共に今までやってきた事がどんどん線になって、「類題解きたい症候群」になりました。

ケイティ
ケイティ
すごい!適性検査はカテゴリーも無くバラバラに見えますが、たくさん解くとこの子のように全てが繋がっていくので、そこまで頑張れたら対策が本当に楽しくなっていきます。

勉強時間はどのくらいでしたか?(平日、休日、習い事のある平日などそれぞれ)

平日は学校からの帰宅後3時間。
休日は9時から18時まで休憩を挟みながらやっていました。

睡眠時間はどのくらいでしたか?

7時間半

保護者が受検勉強に対してどの程度関わっていましたか?具体的に、どんなサポートをしていましたか?

夏以降は解いた問題の○付け後を確認し、記述に関しては何が足りなかったかを親子で確認。
作文は休日に2テーマ程を自主的に書き、親が赤入れしてました。

ケイティ
ケイティ
サラッとおっしゃっていますが、お子さんが〇付けをした後にダブルチェックで保護者の方が確認なさっています。これは、適性検査対策には不可欠です👌記述も多いので、自己採点だけで済ませてしまうとご本人が気づかない書き癖や表記ミスがそのままになってしまいます。

塾と家庭の役割分担はどのようにしていましたか?

新しいものは塾で習って、解き直し、過去問への取り組みは家庭。
塾では過去問は夏以降となっていたので、銀本はひたすら家庭でやっていました。

ケイティ
ケイティ
サロンでもたくさん「解説希望」を出してくださっていたので、他のメンバーさんにとっても刺激になったと思います🌸

「もっとこうしたほうが良かった!」「早くこうすれば良かった!」と思ったことはありますか?

作文への取り組みは早め早めに取り組むべきでした。構成メモ作りはなかなか習慣化せず、変な文章の癖もなかなか直らないので。

受検組ではないお友達とはどのようなお付き合いをしていましたか?

学校にそこそこ受験組も居たので、そこまでの意識はしてないです。

勉強しなくなった時期やスランプはありましたか?その場合はどのように対応しましたか?

直前期を除いて、凄く勉強した時期もその逆もありません。

過去問(志望校とそれ以外)はどの程度取り組みましたか?

志望校は4周、銀本は2年分を8割。

テレビやゲームなどの制約はありましたか?

夏以降はほとんどやっていません。

模試はどのくらい受けましたか?また、結果はどうでしたか?

公中検、首都模試を全て受験。合う合わないがありましたが、結果は毎回ジェットコースター。
直前ではまさかの40代前半。親はビビりましたが、本人は「ここで落ちたから、本番は上がるよ」と平然としており、変なところでメンタルが鍛えられたことを知りました。

ケイティ
ケイティ
頼もしい子です。適性検査型の模試は急上昇・急降下は「普通」ではありますが、直前期にこの結果は、保護者の方は相当ヒヤッとしたのではと思います。

苦手科目はどのように克服しましたか?

理系が苦手で、塾講師との相性も悪く、GW以降個別をプラスで受講しました。

学校の先生とはどのように連携を取っていましたか?

期初の面談で公立中高一貫校を受験することを伝えました。途中途中で、もっと学校生活での改善点を聞いてもよかったかも、と思います。

私立併願はしましたか?

都市大等々力 AL入試 合格
横浜創英中学 サイエンスコース合格

次年度受検する方に向けて、最後に何かメッセージがあれば、お願いします♬

2科目、4科目受験に比べ、適性検査型は親のサポート力のウェイトが高いです。
我が家は初めは塾に任せきりでしたが、ある日子供の答え合わせを見て、一気に血の気が引きました。
本人では記述の加点・減点が分からず、適当に採点してました…。

親の出番が多く大変と思いますが、親子が何か一緒に取り組める最後のチャンスだったとも思っています。
また、我が家は1年前の偏差値は40ギリギリの時もありました。
なかなか模試の偏差値に結び付かない時間が長かったですが、年明けの自主休校期間からサロンの類題がスラスラ解けるようになりました。お陰様で川崎市立にご縁をいただけるまでになりました。

実力がついたのを実感したのはギリギリでしたが、そのようなケースもありますので、子供の伸びしろを信じて最後まで諦めずに頑張ってください。

ケイティ
ケイティ
暗記で何とかならないのが適性検査なので、伸びるのは本当にギリギリの時期です。他のママさん・パパさん達からも、「受かるかも…」と希望の光がほんの少し見えたのは1月以降だった、という話をよく聞きます。それまでは、夏~冬にかけて苦しいアップダウンが続きますが、何とか信じてサポートして頂きたいと思います✨